<   2010年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

忘れられたブランコ



色んな事を上手く言えずにいたら
僕の口は小さくなった
溢れる涙を堪えていたら
僕の眼は垂れてしまった

突き立てた中指を折らぬようにと
流した涙を拭かぬようにと
凍える気持ちを太らさぬようにと
古びた公園ブランコ揺らす

普通の定義が曖昧ならば
変態くらいがちょうどいい
気が違えるキチガイならば
そんなステキはないだろう?

あの頃より少し大きくなったから
このまま何処かに飛び立てるかな?
錆びて軋んだ音はまるで優しくて
古びた公園ブランコ揺らす
砂場とシーソーの間辺り
笑顔と涙の両端辺りで



[PR]
by setsuna-yoshida | 2010-05-24 22:55 |

もっと古びた墓場の風景




街の貯水タンクでため込んだ
僕の涙があなたに落ちる時
夜露とやらと交わって
先よりほんの少し大きな水滴になるから
それはきっと少しだけキレイだから
幼い若葉は枯れてしまうんだろう?

あなたみたく
優しく激しく誰かを
包んでみたいと思うけれど
自らを包む毛布さえ朧な僕は
せめて
あなたの肌の何処かから
夜景と名付く
あなたの友の墓場を眺め
ほんの少し涙を流す

街の外れの古びた山の何処か
幼い風に包まれながら

その昔あなただった
僕等の街を眺めながら
ほんの少し涙を流す

ごめんね
汚い涙だからあなたを汚してしまう
そんな事を考えて歯を食いしばってみたら
もっと沢山ほんの少し
涙なんかを流す


[PR]
by setsuna-yoshida | 2010-05-19 16:17 |

テキーラ

さあ、一杯のテキーラで少なく残された
ホントの事を語ろう

[PR]
by setsuna-yoshida | 2010-05-09 21:14 | 戯言

ホントの贋物




それでもアイツは優しいから
寂しく微笑む何時かのあの子
青ずんだ頬は白い肌を必要以上に引き立たす

あなたの声が震えた日から
あなたを訪ねて来たんだよ
捲り取られた下着の日から
あなたを迎えに来たんだよ
僕が話す道化師な話
嘘が苦手は詐欺師の作り話
青ずんだ頬は作り笑顔を必要以上にニセモノにする

あなたはきっと優しいから
小さく笑ったあの子の面影
何時の日かステキな温度になりますように



[PR]
by setsuna-yoshida | 2010-05-09 00:23 |