土砂降りの皮靴


死ぬ事が一番自然に優しいと知ったあの日から
色々が救われた気がするのは
きっと偶然なんかじゃないだろう?

だからって死ぬほど難解な
生きる理由を問うほど
真面目になんか出来ないんだろう?

天気予報に中指立てて
土砂降りの皮靴は新品で
それを蹴り上げ明日の天気を占うくらいの
金もない夜に描いた夢は
あなたが馬鹿にするほどは
クダラなくはないだろう?

水溜りを突き進みながら
傘を投げ捨て
あなたが惚れるくらいは
ステキではない頃に



[PR]
by setsuna-yoshida | 2011-10-26 10:14 |
<< 男と女がsex以外に出来る少しの事 アバズレシンデレラ >>