途中の晩餐


あなたが涙ぐんで
沢山なんかを話している時
僕はずっと考えてたんだ
今日は何を食べようかなぁ?って

あなたが僕の左手を
胸元なんかに誘う時
僕は少し悩んでたんだ
クリームシチューも捨てがたいって

あなたがそっと寄り添って
温度なんかを感じる時
僕は少しニヤついて
カレーライスで決まりだなって思ったんだ

ん?あなたは何で泣いているの?
カレーの人参嫌いなのかなぁ?

で、あなたは何で裸なの?
さてはそんなに嬉しいのかなぁ?

もう泣かないで
おかわりしてもいーからね
もう震えないで
少しなら僕の分もあげるから

でもほんと少しだけだからね

[PR]
by setsuna-yoshida | 2011-07-23 16:58 |
<< 文月の恋文 色の無い色仕掛け >>