背伸びのブーツ


例えば僕の網は届くから
夕暮れを絶対に捕まえてやろうと思ってるんだ

んで少し頬ずり
透かしてみたり
あいつとあの子と夜空に見せて自慢して
それからあの子に大丈夫だよって微笑んで
元の場所に逃がしてやろうと決めてるんだ

それだけが
どーしよーもない僕の
唯一の優しさ


[PR]
by setsuna-yoshida | 2011-06-29 20:39 |
<< 夏の日の拝啓 素面と言う酒に酔いながら >>