719のメロディー


あなたが生きていると言うだけで
クダラない日々の中
ほんの少し心を許せる時がある

そんなあなたは
泣いてるんじゃないだろうかって勘ぐって
望まれぬ心を揺るがす事がある

何考えてるんだろうって照れ笑い
頬を緩ませながら
せめてもの素直を
絵に描いた不埒で願ってみるんだ

少しうつむき加減
とっておきの優しい歌口ずさみ
転がる石を蹴りながら
たまにアスファルトで躓く
そんな不細工だらけの詩

[PR]
by setsuna-yoshida | 2011-06-21 17:16 |
<< 素面と言う酒に酔いながら 月の乱筆 >>