月の乱筆


遅朝多めのミルクで紅茶を1服
高陽に背を向けコーヒーと煙草を1つ
夕暮れ財布の金を酒に換え
夕闇体に流し込み
月の頃古びた紙に一節乱筆

素晴らしくクダラない毎日

昨夜月の頃のそんな乱筆
今更頃に照れ笑う
クダラなく素晴らしい毎日

[PR]
by setsuna-yoshida | 2011-05-18 17:34 |
<< 719のメロディー サルヴァトーレ・ココの憂鬱 >>