たったスナオな人の詩



悪魔があなたをせせら笑う時
それはホントに悪夢なのかなぁ?

天使があなたを誘う時
そこはホントに天国なのかなぁ?

色仕掛けの泥酔も
予定調和の音階も
あなたがヒロインの話じゃないから

さぁ空気の色を肴に
あなたと僕の話をしよう

神様さえも気付かない小さな声で



[PR]
by setsuna-yoshida | 2010-11-27 01:10 |
<< 今年の最後に 左眼の終わりに >>