死生論



願わくば
夕焼けみたく優しくて
夕暮れみたく艶やかで
夕立ちみたく激しくやって
夕闇頃に静かに逝きたい

あのコの肌を想いながら
あいつの笑顔を思いながら
まるで子守歌みたく
重ねた罪を数えながら
出来なかった
悪戯なんかも数えながら

一番大きな夕日の季節
街にネオンが灯る頃
少しの酒など携えながら

[PR]
by setsuna-yoshida | 2010-10-16 23:14 |
<< 鉛筆を転がしながら 美しさの定義 >>