泥の柔肌





どれだけの苦虫を噛み潰せば
少しはマトモになるのかな

出来る限りの愛想笑いは
何時も5分後水に流す
有らん限りのキレイ事は勿論
5分の次に水に流す

木々が調べぬこの街で
優しいはずの柔肌も
愛に似た獣の時間も
ほんの少しのホントでさえも
ろ過などされず水たまる

もう少しの苦虫を噛み潰せば
少しはマシになるのかなぁ

溜息一つ押し殺し煙草など咥える
木々が調べぬこの街の中で

[PR]
by setsuna-yoshida | 2010-03-15 17:28 |
<<     個展            カクテル... >>