カクテルパーティー




          優しい歌が聴きたくなって
          ヘッドホンを耳にあててみても
          僕に歌ったものは見当たらず
          あなたの声が聞きたくなった

          零れ落ちるモノを何とか堪えた僕の眼は
          何時しか垂れてしまって
          それすら零れてしまいそうなんだ

          世知も辛いも酸い甘い
          そんなこんななこの街だから
          鏡のない万華鏡に悪酔う

          ねぇ
          讃美歌よりも子守歌よりも優しい声
          僕に聞かせてくれないか?
          幻聴と耳鳴りと爆音の何処かで
          純粋とペテンと曖昧の何時かに

          僕はワガママになったのかなぁ

[PR]
by setsuna-yoshida | 2010-02-19 18:59 |
<< 泥の柔肌            朧な月か夜 >>