裸の散文



                              病的な白を武器にして
                              涙の温かさを知った小さなホントを
                              これでもかとばかりに踏み付けた
                              フェイクファーのブーツが泣いている
                              ホントはアナタがスキダヨって

                              それっぽいメロディーに
                              愛に似たモンのっけて
                              そんなに素敵に歌われても
                              僕らは何時も悲しくなるだけ
                              だからあなたの好きは届かない

                              僕の心のコメカミ辺りに残る弾痕が
                              冷たい風に誘われて
                              ほんの少し涙を流した
                              ホントのアナタがスキダヨって

                              妥協の頃に腰振って
                              愛に似た声出して
                              そんな事が罷り通る今だから
                              届けなきゃって思うんだ


                              ヤワなアナタを撫でるように
                              夕焼けが空に溶け出す時
                              どれだけ眼を背けようと
                              ホントのあなたが映ってる

                              世間体や一般性など
                              望んじゃいない
                              愛して欲しいなど
                              思っちゃいない

                              ただ
                              ホントのあなたがスキダヨ

                                                吉田刹那

[PR]
by setsuna-yoshida | 2008-12-26 16:16 |
<<                ...                ... >>